くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

ドレープカーテンの断捨離をしてみる

 

カーテン、いらないんじゃないか問題。

 

f:id:michiko114:20180526134738j:plain

 

引っ越してきた時に全ての部屋に取り付けたドレープカーテン、 

これって本当に必要なのかな?と思ったのです。

 

 

部屋の使用状況

 

1階には「リビング」の他にもう1部屋あり、2階には3つ部屋があります。

1階の1部屋はおもちゃなどが置かれた「子ども部屋」

2階はそれぞれ「寝る部屋」「洗濯部屋」「着替え部屋」となっています。

 

 

1階には雨戸があります。

日が落ちる頃に閉めることが多いです。

何故か遮光カーテンを選んで取り付けていますが、

カーテンを閉める時にはたいてい雨戸が閉まっています。

 

遮る光がありません。

 

これは失敗(笑)

次買い換える時はもっと軽やかなカーテンを選ぼう。

 

 

 

「洗濯部屋」と「着替え部屋」の滞在時間は短いです。

特に夜。

夫が帰宅した時に着替え部屋で着替える程度で、この二部屋は灯りがともることが多くありません。

 

 

さて、ドレープカーテンはすべての部屋に必要なのかしら?

 

 

 

私の結論

 

結論はこうです。

 

リビングと寝室→ドレープカーテン

その他の部屋→ドレープカーテン

 

 

リビングにカーテンが必要だと思う理由

 

遮熱性を高める

滞在時間が長く、エアコンをつけることが多いリビング。

 エアコンの効きを良くするために必要かと思いました。

 

部屋の雰囲気

夜、雨戸を閉めてレースカーテンだけだとなんか寒々しいのです。

ドレープカーテンは部屋に温かみを与えてくれます。

居心地のいいリビングにするために、リビングはドレープカーテン必須と結論付けました。

 

 

寝室にカーテンが必要だと思う理由

 

こちらもエアコンを使う部屋です。

また『寝室の照明は真っ暗が理想』らしく、真っ暗にするにはドレープカーテンが欠かせません。

 

快適な睡眠を得るためにドレープカーテンが必要かと。

 

子どもが怖がるので真っ暗に出来ていないんですけどね。

ゆくゆくは真っ暗にしていこうと思っています。

 

 

その他の部屋は、要らない

 

他の部屋にはドレープカーテンが不要、という結論に至りました。

夜滞在しない部屋、エアコンも設置していない部屋だからです。

 

 

レースカーテンは必要

 

レースカーテンは全部屋に必須だと思います。

プライバシー保護のため、日差しから床を守るため。

一部の窓はロールカーテンやブラインドにしていますが、何も付けないという選択肢はありませんでした。

 

 

おわりに

 

2階の部屋のカーテンは、前の家から持ってきていた丈の合っていないものを使っていたりしたので、それらは処分しました。

 

その結果、1部屋分(掃きだし窓&腰高窓)のカーテン計4枚がクローゼット行きになりました。

寝室で使っているカーテンが古くなったらこれを使おうと思います。

 

 

当たり前のように各部屋につけていたドレープカーテン。

取り外し、洗濯し、干し、また取り付ける。

これ、結構面倒な作業です。

この作業が二部屋分だけで済むのならだいぶ楽になります。

 

レースカーテンは軽い&薄く、洗ったら即レールに取り付ければ勝手に乾いてくれるのでお手入れが楽です。

 

家事がひとつ、楽になりました。

 

 

今後子供たちの部屋をつくった時に好きな色のドレープカーテンを買ってあげたいと思います。

 

それまでは、レースカーテンのみで。

 

 

 

本日はここまで。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただけたら励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

 

 

 ◎参加トラコミュ◎

にほんブログ村テーマ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ

にほんブログ村テーマ
暮らしの見直し

にほんブログ村テーマ
暮らしごと。

にほんブログ村テーマ
ちょうどいい暮らし

にほんブログ村テーマ
収納・片付け
 

にほんブログ村テーマ
主婦のつぶやき&節約&家事etc...

プライバシーポリシー