くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

誰のための収納?隠す収納は使わなくなる

 

収納方法の改善をしました。

 

f:id:michiko114:20180213134313j:plain

 

 

 

テレビ台の収納スペース

 

無印のファイルボックス

 

ここはもともと引き出しが2段あったのですが、重いものを入れていたら底が抜けまして(汗)

撤去して無印のファイルボックスを使用して収納しています。

 

 

f:id:michiko114:20180213132633j:plain

 

中に入っているのはファッション雑誌や趣味の雑誌、投資関係の雑誌。

そして夫が最近学び直し始めた数学の本。

色んなジャンルの雑誌が入っているのでごちゃごちゃするかな、と思い背面を表側にして隠していました。

となりのボックスには娘の遊び道具が入っています。

 

 

 

隠す収納にした結果

 

この場所に雑誌を置いている理由は、リビングにここ以外に収納するスペースがないからです。

そしてリビングに置いておかないと、遠くて手に取る気にならないからです。

読みたいと思った時に離れた場所にあると、面倒になります。

手に取るのが億劫。そして片づけるのも億劫。

結果読む機会が減っていきます。

 

 

なのでこの場所に置いたのです。

 頻繁に読むために。

 

しかしどうでしょう。

隠す収納にしたら、誰も手に取りません。

 

 

 

これはいけない、いうことで改善

 

f:id:michiko114:20180213132636j:plain

 

と言っても主にファイルケースの向きを変えただけ。

だけどこれだけでだいぶ違います。

あとは長女の細々としたおもちゃは隣に移動して、追加したファイルボックスにお勉強グッズを収納しました。

 

 

見えるって大事

 

目に付くと、読もうかな、勉強しようかな、という気になります。

目に見えないと、そもそも雑誌の存在自体を忘れてしまいます。

隠す収納は、読もうと思うきっかけも隠してしまいます。

 

 

 

取り出しやすさって大事

 

背面を表側にしていたときは、

ファイルボックスを引っ張り出す→雑誌を探す→取り出す→ファイルボックスをもとに戻す

 

工程が多いですね。面倒です。

片づけも同じ。面倒です。

 

 

 

見た目もこちらの方が良かった

 

四角く奥行きのあるスペースに、デデンと白いボックスがある状態だったBefore。

隠すことでスッキリしたと思いきや、圧迫感があったのですね。

 

反対向きにしてみたら、余白が生まれてスッキリした気がします。

抜け感?これが抜け感?

 

f:id:michiko114:20180213140448j:plain

 

このテレビ台、引き出しを壊され子供に傷つけられ、満身創痍です。

でももう少し子供が大きくなるまでこのテレビ台には頑張ってもらいたいと思っています。

そんなテレビ台に見た目の良さを求めること自体間違っていたのかもしれません。

スッキリ整然と整うボックス収納は、ここでは実現不可能なのです。

 

隠す収納の方がすっきりする!と思い込んでいましたが、そうではない場合もあるのだと学びました。

 

 

 

おわりに

 

見やすく、取り出しやすく、しまいやすい。

使いたいときにすぐに手に取れる。

 

家族にとって、一番使いやすい収納ができるというのが収納上手と言うのでしょうね。

 

家族の中で見た目を気にしているのは私だけ。

今回は気にしてやった結果、使いづらいうえに見栄えが悪くなってしまった、最悪なパターンです。

同じようなことが、この家で起こっている箇所がまだあるかもしれない…

 

 

再度家じゅうの収納を見直してみようと思ったのでした。

 

 

 

 

本日はここまで。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただけたら励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

 

 

 ◎参加トラコミュ◎

にほんブログ村テーマ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ

にほんブログ村テーマ
暮らしの見直し

にほんブログ村テーマ
暮らしごと。

にほんブログ村テーマ
ちょうどいい暮らし

にほんブログ村テーマ
収納・片付け
 

にほんブログ村テーマ
主婦のつぶやき&節約&家事etc...