くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

生活感丸出しでいいじゃないか。

 

ミニマルな、シンプルな、スッキリとした部屋。

それを目指して断捨離だの、白化だの、色々やってきましたが。

 

ここにきて。

 

 

恋しや、生活感。

 

 

求める暮らしとは

 

お盆に義実家に帰省しました。

 

f:id:michiko114:20180817143726j:plain

写真はイメージです

 

田舎の平屋の大きなお家。

 

築浅なのですが、家には仏間があり長い廊下があり。

昔ながらの雰囲気を残した義実家宅。

 

数日間お世話になったのですが、本当に居心地の良いお家で。

 

やっぱり畳はいいなぁ。

広いリビングはいいなぁ。

平屋はいいなぁ。

 

私、和室のデザインが好きなのです。

襖の上にある木彫りの飾り。

なんて言うのだろうと調べたら「欄間(らんま)」と言うそうで。

 

↓参考画像

f:id:michiko114:20180817141141j:plain

 

家ごとに個性が出ます。

義実家の欄間も素敵でした。

 

障子にも色々なデザインがありますよね。

和風建築は建具自体がお洒落。 

 

もし予算を考えず自由に注文住宅が建てられるならば、

私はきっと和風な家にすると思う。

 

家を建てることは一生無いと思いますが、想像上では何軒も建っています(笑)

 

 

さて、そんな素敵な義実家。

私たちのような宿泊客もあり、食器や寝具、その他色々物はそれなりにあります。

 

タオルの色や柄を統一することはしていないし、

もちろん洗剤やシャンプーボトルだって白いボトルに詰め替えたり、ラベルを引っ剥がしたりはしていません。

様々な実用品が、ありのままのカラフルさを保っていました。

 

 

だけど、何だろう。

その物たちによって滲み出る生活感。

むしろこれが居心地をよくしてくれているような気がしました。

 

飾ってあるカレンダーも、

どこぞのキャラクターのキーホルダーも。

 

そこで生活する人の選んだ物、色、香り、全て。

 

物によって雰囲気は作られる。

 

 

 

物を減らして、シンプルにして、ガラーンを目指して。

 

それでいいのか、我が家。

 

 

おわりに

 

意識したいのは過ごしやすさ。

居心地の良さ。

帰ってきた時にホッとするような安心感。

 

それには少しばかりの雑然感も必要かな、と思うのでした。

 

「これはここに必ず仕舞って」

「散らかさないで」

「出しっぱなしにしないで」

 

見た目には美しいかもしれませんが、身動きがとりづらくもあります。

自己満足だけの部屋づくりにしないようにせねば。

 

 

目指すは清潔感と生活感のある”らしい”家。

 

 

とりあえずもう、ボトルの白化&ラベルの引っ剥がしはやめよう。

ファーファの洗剤も元のくまちゃんボトルに戻すことにしました。

 

洗剤を選ぶ基準は外見より中身で。

そしてそのまま使うことに。

 

 

 

あと、私らしさをもっと出したいわ。

もっと個性、出していいと思うの。

 

今まで欲しかったけど、ためらっていた「好みど真ん中」のオブジェ。

この勢いでご購入。

 

 

見つけた瞬間キュンキュンしちゃったわ。

しかも大中小3個セット。

3個揃ったら最強でしょう。

 

 

 

 

…なんやかんやと書きましたが、

すべては誘惑に負けてポチったことへの言い訳なのでした。

 

 

 

本日はここまで。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただけたら励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

 

 

 ◎参加トラコミュ◎
ミニマリストな生活 & シンプルライフ

ちょうどいい暮らし

収納・片付け
 
主婦のつぶやき&節約&家事etc...