くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

調味料は使い切れるサイズを考える

 

お好みソース、レベルアップ!

 

f:id:michiko114:20190311064413j:plain

 

我が家の適正量を考える

 

お好みソースが無くなったので買ってきました。

いつも300gを買うけれど、使用頻度を考えて500gへレベルアップです。

 

オタフクのお好みソース。

これが好きなのです。

 

お好み焼きは半年に1度くらいの頻度でしかつくりませんが、お好みソースはよく使います。

私、オムライスの上にかけるのはケチャップよりお好みソースの方が好きです。

甘いあの味がとても好き。

 

オムライスは長女が好きで頻繁に作るので、お好みソースの出番も多いのです。

お好み焼き用ではなく、主にオムライス用になっています。

 

 

消費の早さからみて、容量アップして問題ないと判断して500gを買いました。

 

 

反対に中濃ソースはサイズダウン。

f:id:michiko114:20190311064407j:plain

500mlから300mlへ。

 

いつも賞味期限までに使い切れなかったのです。

なのにいつも500mlを選んでいました。

そっちの方が得な気がして。

 

だけど中濃ソースはあまり出番がありません。

ハンバーグ作る時くらい?

 

最近はお惣菜のコロッケにもお好みソースかけちゃってるので出番がさらに減少しています。

お好みソース、脅威です(笑)

 

 

おわりに

 

当たり前に買っていたもの。

当たり前に選んでいたサイズ。

よく考えるとサイズダウンできるもの、サイズアップした方がいいもの、まだまだありそうだなぁ。

 

食料品の場合、容量の小さいものと大きいものの価格が数十円だったりして、ついついお得な大きいサイズを選びがち。

でも使い切れなければ数十円多く払って損になるんですよね。

消費ペースが遅ければ質も悪くなってしまいます。

 

その数十円でより良質な調味料を買った方がいいはず。

量より質。

 

そう、量より質。

 

料理が得意でないからこそ、簡単なものを美味しく作るために材料の質に頼ることが大切なのであります。