くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

消臭力の白檀の香りのさりげなさが好きだった

 

お香は駄目だったけど、白檀の香りは好きなのです。

 

f:id:michiko114:20181023141209j:plain

 

 以前お香を試そう、という記事を書きました。

 

www.kurashi-asobi.com

 

が、私、お香ダメでした。

 

・煙の匂いがダメ

夫に言わせると私はにおいに敏感らしく、そのせいなのか、焚いている時の匂いが強すぎて苦手でした。

 

・匂い移りが気になる

煙がわりと発生するので近くのものへの匂い移りが気になりました。

 

・空間が狭すぎる

匂いが充満しすぎる狭小住宅には不向きかもしれませんね。

 

 

以上のことから、お香は断念することになりました。

 

 

でも残り香は好きでした。

とりわけ、白檀の香りがお気に入り。

 

 

 

そこで採用したのがトイレの消臭剤。

有名な「消臭力」にあるじゃありませんか、白檀の香り。

 

f:id:michiko114:20181023141204j:plain

 

トイレの消臭芳香剤 炭と白檀の香り

 

今までトイレに消臭剤を置いていませんでした。

香りつきのトイレットペーパーを使用したり消臭スプレーを常備したりはしているのですが、それではやっぱり頼りない。

 

香りは慣れたら香ってこなくなるもの。

それにトイレは玄関と違って臭いが発生する場所。

トイレがもし臭っていて、ただ気付いていないだけだったら恐ろしい。

 

香りで誤魔化すのではなく、消臭に力を入れたいところです。

ただでさえ激狭な我が家のトイレ。

香りのきついものを使ったら、それは地獄のトイレタイムの始まりです。

 

 

消臭力。ネーミングからしてやってくれそうです。

エステーのCMも好き。

 

この消臭剤、レビューを見てみると「香りは控えめ」とのこと。

控えめゆえに物足りないとおっしゃる方もいましたね。

 

私はきっと、それくらいがちょうどいい。

消臭目的で使うのならば無臭タイプでも良かったのですけどね。

なんせ白檀ロス中ですから、私。

 

トライ、しちゃいますよね。

 

 

ほのかな白檀の香り。

お香の無念をここで晴らすのです。

どうか控えめな香りを、狭小トイレに添えていただきたい。

 

 

ラベルは剥がします

 

そのまま置くでもいいかな、とちょっと思ったんですけどね。

やっぱりこういう類のものは少しでも存在感を消してほしいと思ってしまうのです。

 

ペリペリ。

 

f:id:michiko114:20181023141159j:plain

 

本来はこうやって上部を剥がせば終了ですね。

和の感じ、嫌いじゃありません。

 

だけども、ペリペリ…。

 

f:id:michiko114:20181023141154j:plain

 

消臭力であることが分からない外見となりました。

ボトルのデザインも凝っているのですね。

 

 

床置きは避けたいので窓枠に置きました。

 

f:id:michiko114:20181023141149j:plain

 

存在感皆無。

 

そして肝心の香りは……

 

 

さりげない!!

控えめ!!

 

これよ、コレ!

 

 

おわりに

 

設置してからもうすぐ1ヶ月が経過します。

 

f:id:michiko114:20181123071011j:plain

 

現在の残量は…

 

f:id:michiko114:20181123071004j:plain

 

この消費の早さって、置いている部屋の広さにも関係しているのかな?

使用期間は約2~3ヵ月間らしいですが、我が家の場合は3ヶ月くらい持ちそうです。

 

残念ながら、匂いはもうあまり感じなくなってしまいました。

感じなくなったのか、発しなくなったのか…??

 

わからないけれど、「消臭してくれているであろう」という安心感は手に入れています(笑)

 

 

 

 

●ブログランキングに参加しています●

クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村