くらしあそび

暮らしをためす、たのしむ

くらしあそび

【ワースペース改善】片づけない子どもが悪いのではなく、片づけづらいことが悪いのだ

 

リビングに子供のワークスペースを設けています。

 

f:id:michiko114:20180514131240j:plain

 

www.kurashi-asobi.com

 

 

あれから早9ヶ月。

現在はどのような状態でしょうか。

 

それがこちら。

 

f:id:michiko114:20190220085752j:plain

 

カオス!!!

 

この上なくカオス!!

 

 

ワークスペースを改める

 

予想はしていたんですけどね。

予想通りの結果でしたよね(笑)

 

やっぱり常に机の上を綺麗にするのって難しい。

親の私でさえ「ダイニングテーブルの上に何もない」と状態がなかなか維持できないのだから、子供はなおさらです。

 

だからと言って、これはカオスすぎでしょう(笑)

f:id:michiko114:20190220085752j:plain

 

改善を試みました。

 

 

片付けを簡単に

 

ただ綺麗にするだけだとまたこの状態になることは目に見えています。

ではどうすれば改善するか。

 

問題は収納のしづらさにある、と考えました。

f:id:michiko114:20190220085743j:plain

 

テーブルの下にはものがおける板があります。

そこにゲーム機やら、ペン&クレヨンやら、お手紙やらが収納されています。

 

机の上にあふれているのはこのスペースでは片づけられないものたち。

片づけろ、といっても片す場所がないのです。

これではどうしようもないですよね。

 

 

ちなみに机の上にあるティッシュボックス等の空き箱はゴミではなく作品です(笑)

(テレビとニンテンドースイッチを作ったのだとか)

 

これらは彼女が納得するまでは捨てることはできません。

かといって隠してしまうと存在を忘れるだけ。

目に見えるところに置いておいて、満足するのを待つのが一番良いかと思うのです。

リビングに置かずに隣の部屋に片づける方が見栄え的には良いですよね。

でも満足したら手放してほしいもの、それとワークのように出来れば取り組んでほしいものは常に目に入る場所に置いておきたいところ。

 

だけどもこの机では収納するのは難しい。

 

 

そこで机を替えてみることにしました。

 

 

家にあるもので

 

目をつけたのは電子レンジをおいてあるこの棚。

f:id:michiko114:20180802142420j:plain

 

夫が独身時代に購入したこのラック。

当時はテレビボードとして使用されていました。

 

そろそろちゃんとしたレンジラックを買いたいものだと思っているのですが、これで事足りているといえばそうなので、なかなか踏ん切りがつかず。

 

そんなこのラック、3つを結合して使用していましたが、分解することができます。

 

3つのうちの長形のボックスを机にしてみました。

f:id:michiko114:20190220085715j:plain

 

机自体は小さくなりましたが、ボックス内に沢山収納することができます。

長女の大きめな(かさばる)作品もここにいれることができました。

 

出し入れ簡単。

見つけやすく、片づけやすい。

 

長女もこちらの方が良い、と気に入ってくれた様子。

 

しばらくこれで過ごしてみましょう。

 

 

背の低くなったレンジラック。

 

f:id:michiko114:20190220085723j:plain

 

ボックスを1つ取られたおかげで小さくなったレンジラック。

 

電子レンジ低っ。

やっぱりもう少し高い位置にあったほうが使いやすいよなぁ。

でも、収納についてはボックス1つ無くなっても問題なかったわ。

 

電子レンジは低いけれど、これはこれで、事足りているといえば足りている。

 

これを機に新たなレンジラックを買う気でいたのだけれど、悩みが生じてきた。

 

うーむ。

 

こちらもしばらくこのまま過ごしてみるか。

 

 

 

おわりに

 

きっとまたカオスになるのでしょうね。

f:id:michiko114:20190220085824j:plain

 

でも以前と違って片づける場所は設けているから娘も片づけることができますね。

どうしようもないカオスから、どうにかできるカオスへ変化することができたのではないでしょうか。

 

 

散らかる部屋にイライラすることが多いけれど、簡単に元に戻せる環境づくりが大切なのかも。

 

頑張ろう。自分のためにも。